アクセス

周辺地図






ビル外観


もしもしピエロ岸和田店

大阪府岸和田市上松町79-1
TEL.072-433-3010


アクセス


電車の場合

JR阪和線東岸和田駅徒歩10分


自動車の場合

阪神高速4号湾岸線 岸和田南出口から車で10分


周辺ガイド

○○○公園写真

だんじり祭り「秋」(当ホテルより車で約1分1キロ)

大阪府岸和田市で行われる岸和田だんじり祭は、9月の敬老の日直前の土曜・日曜をそれぞれ宵宮・本宮として行われている。岸和田市のだんじり祭は他にもあり、同じ日程で行われる春木だんじり祭、10月の体育の日直前の土曜・日曜に山手の6地区で行われる岸和田十月祭礼がある。


○○○祭りイメージ

岸和田城(当ホテルより車で約8分約3キロ)

建武元年(1334年)前後に、和田高家が現在の岸和田城跡から約500m東(野田町1丁目周辺)に岸和田古城を築城。「岸の城」とも言われた。その後『日本城郭大系』によると信濃泰義によって現在地に移築されたとしている。 羽柴秀吉の紀州征伐の拠点として再築城され、その急ごしらえで造られていたものを、小出秀政が5重天守を上げる本格的な構えとした。松平康重の代に総構えと城下が整備され、岡部宣勝の頃、城の東側に2重、西側に1重の外堀と寺町が増築されている。文政10年(1827年)に天守を焼失。以降再建されないまま、明治4年(1871年)に廃城とされ、まもなく破却された。 岸和田城は猪伏山(いぶせやま)と呼ばれた小高い丘の上にあり、本丸と二の丸を合せた形が、機の縦糸を巻く器具「縢」(ちきり)に似ていることから蟄亀利城(後に千亀利城)と呼ばれるようになった。城内にある岸城神社は千亀利と「契り」とをかけて、縁結びの神社として知られている。桜の季節は花見の名所となる。


○○○海浜公園写真

岸和田カンカンベイサイドモール(当ホテルより車で約9分約3キロ)

大阪府岸和田市にあるショッピングセンター、アウトレットモールである。「カンカン」という名称は、岸和田だんじり祭の見所のひとつである「カンカン場」に由来する。さらに、「カンカン場」は岸和田旧港の「看貫場」からきており、当モールは旧港の埋立地に立地する。


道の駅 愛彩ランド(当ホテルより車で約14分7キロ)

直売所では地元泉州産の野菜や果物のほか、地元産の手作り味噌や米粉パン、お惣菜、菓子類などの特産品が並ぶ。近隣には、お出かけスポットとしても人気の蜻蛉池公園や神於山がある。


水間寺(当ホテルより車で約17分9キロ)

厄除け観音「みずまの観音さん」として有名。天平年間(729~749年)聖武天皇勅願により行基が建立、本堂は文化8年(1811年)に再建されたもの。江戸期にさかのぼるものとしては、大阪府内で唯一の三重塔は総欅作りで、初重の部分には鮮やかな十二支が刻まれている。

りんくうプレミアムアウトレット(当ホテルより車で約19分12キロ)

関西国際空港の対岸に位置する美しい景観のりんくうプレミアム・アウトレット。アメリカの港町チャールストンをイメージした美しい町並みの中、リゾート感覚でのショッピングが楽しめる。総店舗数は、アウトレットセンターとしては国内でも有数の規模となっている。品質はもちろん品揃えも豊富で、家族みんなでショッピングを楽しむことができるので、りんくうプレミアム・アウトレットに是非足を運んでみよう。